疲労臭対策 サプリ

疲労臭対策サプリランキング

みなさんは疲労臭という言葉を聞いたことがありますか?体臭や加齢臭などはよく取り上げられていますが、近年注目されているのが疲労臭です。

 

文字通り、疲れているときに起こりやすい臭いということで、年齢や性別に関係なく起こり得る臭いということです。

 

自身の臭いにはなかなか気づきにくいものですが、疲労臭のメカニズムを知っていれば予防することもできるでしょう。疲労臭がなぜ起こるのかなどの原因や、疲労臭対策に有効なサプリメントの成分などを紹介していきます。

 

まず最初に疲労臭対策サプリのランキングをチェックしてみてください。

 

フレピュア

忙しい日が続いたり、疲れが溜まってきたと感じると同時に出てくることが多いツンとした独特の臭いや、口臭や加齢臭など体の臭いにまつわる悩みを改善するサプリです。

 

水が不要で飴と同じ感覚で摂取出来るので外出先や移動中でもさっと使えて、すぐに効果がでるので気になったときにいつでもケア出来るのが嬉しいポイントです。

 

返金保証や初回特典が豊富なので、エチケットケアサプリの中でも始める方が特に多く、時間がなかったり面倒くさがりな人でも続けやすいことで人気になっています。

 

オススメしたい人 ・仕事から帰ってくると自分の臭いが気になる

・ツンとした独特の臭いがシャツなどについている
・家族や同僚になんとなく距離をとられている気がする

主な特徴 ・場所を選ばずにすぐに臭いをリセットできる

・臭いの元を体の内側から解消するので効果が出やすい
・飴のように舐めるタイプなのでいつでも使える

成分 なた豆/ポリグルタミン酸/シャンピニオンエキス/有胞子性乳酸菌など
価格 毎月お届けコース申込みで初回価格が1,000円

2回目からも40%OFFの4,790円

評価

 

 

オルニパワーZnプラス

シジミに含まれている9種類の必須アミノ酸や牡蠣に豊富なオルニチンを1粒に凝縮したサプリで、数値が気になる人や元気で過ごしたい人向けの商品です。

 

1日に必要だと言われている亜鉛12mgをオルニパワーZnプラスだけで賄えるので、亜鉛不足が気になっている人にもピッタリです。
1日32円というコスパの良さから非常に続けやすいのが特徴で、愛飲している人も多くリピート率が高いのが特徴です。

 

オススメしたい人 ・健康診断で出た数値が気になっている

・お酒を何の心配もなく楽しみたい
・元気な体を維持して活動的に過ごしたい

主な特徴 ・オルニチン800mg、亜鉛12mgのたっぷり配合

・1日あたり32円で続けられる健康習慣
・30日間の返金保証がついているので安心して始められる

成分 しじみエキス/牡蠣エキス/アスタキサンチンなど
価格 毎月定期コースが初回限定980円
評価

 

 

海宝の力

1袋に牡蠣190個分もの亜鉛が凝縮されたサプリで、亜鉛不足で発生するズーンやスタミナ不足、お酒の後の辛さなどの改善をサポートしてくれます。
含有量だけでなく有効成分の吸収されやすさも考慮されており、吸収を助ける魚肉ペプチドを配合して良い力が出やすくなっています。

 

初回購入の際は1日17円で始められることと、10日間の返金保証もあるので試しやすいのが魅力です。

 

オススメしたい人 ・食生活の乱れやバランスの悪さが気になっている

・気分が落ち込んだり集中できないことが多い
・毎日がなんとなくスッキリせず元気がでない

主な特徴 ・魚肉ペプチドの力で吸収しやすくなっている

・1袋に牡蠣190個分に相当する亜鉛を凝縮
・満足率92.4%を誇る高い実感力

成分 カキエキス/魚肉ペプチド/シジミエキスなど
価格 毎月お届けコースが初回限定500円
評価

 

 

協和発酵バイオ オルニチン

シジミ300個分のオルニチンを1粒に凝縮した高濃度のシジミエキスを簡単に摂取出来る人気のサプリです。
シジミに含まれる豊富なアミノ酸の力で体を元気にし、疲れが抜けやすく溜まりにくい若々しい体作りをサポートしてくれます。

 

朝からスッキリしたい、若々しい肌でいたい、疲労知らずな生活がしたい…そんな現代の人にぴったりな高機能な商品です。

 

オススメしたい人 ・年齢を重ねてから疲労がたまりやすくなった

・朝からハツラツと元気で過ごしたい
・お酒の付き合いが続いてもスッキリしたい

主な特徴 ・オルニチンサプリで5年連続NO.1

・医療品原料メーカーの高い品質を誇るサプリ
・アミノ酸後からで体を根本から元気に

成分 オルニチン/セルロース/環状オリゴ糖/ショ糖エステルなど
価格 15日間のお試し価格が500円
評価

 

 

しじみん

元気成分のオルニチンが豊富なシジミの身だけでなく、殻に含まれる新成分のカルサイトも配合した新しいタイプのシジミサプリです。
シジミを丸々全部摂取することで豊富なアミノ酸を始めとした健康成分をたっぷりと体に補充し、疲れが解消しやすい元気な体づくりをサポートします。

 

海藻のぬめりに含まれる食物繊維やポリフェノールも含有されているので、総合的に体を元気にしてくれます。

 

オススメしたい人 ・年齢を重ねて疲れが抜けにくくなってきた

・健康診断の数値が気になっている
・スッキリと元気な毎日を長く続けたい

主な特徴 ・新しい健康成分カルサイトを配合

・シジミの栄養素を殻まで丸々摂取できる
・海藻のぬめり成分にある栄養素も配合

成分 ヤマトシジミ貝殻末/ツルアラメ抽出物/還元麦芽糖水飴など
価格 キャンペーン特別価格1,000円
評価

 

 

しじみ習慣

シジミに含まれる豊富な必須アミノ酸を凝縮した高品質なサプリで、体に不足しがちな栄養を適切に補給することが出来ます。
お酒が好きだけど健康にも気を使い、疲れが溜まりにくい体には必須とも言える栄養素が豊富なので、年齢を重ねた男女からの評価がとても高いサプリです。

 

シジミ100%のサプリなので余計なものを摂取せず、体に優しく続けられる健康習慣です。

 

オススメしたい人 ・薬に頼らず元気な体を長く維持したい

・疲れが溜まりやすくなった気がしてなんとかしたい
・スッキリイキイキな毎日をおくりたい

主な特徴 ・1粒に9種類の必須アミノ酸が含まれている

・10日間の無料お試しが出来るので安心
・100%シジミで出来ていて余計なものが入ってない

成分 オルニチン/アラニン/トリプトファン/メチオニンなど
価格 定期購入価格3,582円
評価

 

 

疲労臭とは

 

まずは疲労臭がどのようなものかについてみていきましょう。体臭のメカニズムや疲労臭の原因などを挙げていきます。

 

体臭などとはメカニズムが違う

私たちは、どんな人でも体臭をもっており、体臭がしない人というのは存在しません。

 

体臭が起こるメカニズムとしては、汗や皮脂、古くなった角質などが常在菌などの菌に分解されることが挙げられています。つまり、汗や皮脂などが直接臭いを放っているわけではなく、菌に分解されることで臭いが発生しているということですね。

 

一方で、疲労臭はこのメカニズムとは別に起こっているとされています。疲労臭の特徴はツンとくるアンモニアの臭いとされており、アンモニア臭は理科の授業などで嗅いだことがある人がほとんどではないでしょうか。

 

あの独特の臭いに似ている臭いが身体から起こるということです。

肝機能の低下が主な原因

ではなぜアンモニア臭が身体から起こるのかというと、アンモニアの解毒がうまくいっていないということが指摘されています。

 

アンモニアなど有害物質の解毒は肝臓が担っていますが、肝臓のはたらきが低下してしまうことによってアンモニアの解毒がうまくいかず、体内に残留して臭いの原因になってしまうということですね。

 

肝臓のはたらきを低下させる根本の原因としては、まずは疲労やストレスなどによるものや、それらによって活性酸素が増えすぎている場合が挙げられます。

 

肝臓は黙々とはたらいて症状を出さない沈黙の臓器と言われていますが、疲労やストレスの影響を受けないわけではないということですね。これらに加えてアルコールの過剰摂取や中性脂肪の蓄積による脂肪肝などが原因となって肝臓のはたらきを低下させてしまうと言われています。

 

肝機能を改善する効果のある成分を摂ろう

 

疲労臭についてはおおまかに理解してもらえたかと思います。では実際にどんな成分を摂っていけば疲労臭対策に有効なのでしょうか。

 

まずは、肝臓の機能を助けたりはたらきを改善する作用のある成分です。

 

オルニチン

肝臓のはたらきを助ける成分でまず挙げるのは、オルニチンです。しじみに多く含まれており、二日酔いに有効ということでも知られていますね。実際に飲んだ日や次の日はしじみを積極的に摂っているという人もいるでしょう。

 

オルニチンがなぜ肝臓のはたらきを助けるのかと言うと、主にアンモニアの解毒を助けることで肝臓の負担軽減や機能促進に効果的という点が挙げられます。

 

オルニチン自体は副作用や過剰摂取による問題は起こりにくいとされているので、普段から摂っていきたいですね。

 

タウリン

肝臓のはたらきを助ける成分で次に挙げるのは、タウリンです。タウリンと言うと栄養ドリンクがイメージされやすいでしょう。肝臓の疲れと全身の疲れは関連しているので、肝臓のはたらきをよくしてもう一踏ん張りといったところでしょうか。

 

タウリンは肝臓のはたらきの一つである胆汁の生成を促進します。胆汁の生成促進により肝機能が活発になるとされており、他に肝細胞の再生も促進するはたらきがあるようです。

 

タウリンは毎日のように過剰に摂取すると脳症のリスクが懸念されますが、通常の摂取であれば心配はないとされています。

 

シトルリン

肝臓のはたらきを助ける成分としては、シトルリンも挙げられます。シトルリンはアミノ酸の一種で、体内でアルギニンになり、さらにアルギニンはオルニチンなどに分解されるということです。アルギニンもアミノ酸の中では有名ですね。

 

オルニチンに変わるというところからわかるように、シトルリンも肝臓の解毒作用を助けるはたらきがあります。

 

また、血流を良くしてくれるはたらきもあるようです。シトルリンも通常の摂取であれば副作用などの心配はいらない成分とされています。

 

抗酸化作用のある成分を摂ろう

 

肝機能を改善する効果のある成分に加えて、抗酸化作用のある成分を摂ることも疲労臭対策には効果的とされています。

 

肝臓の疲労と身体の疲労はリンクしており、その両方に影響しているのが活性酸素です。活性酸素を除去するために、抗酸化作用のある成分を摂りたいということですね。

 

ポリフェノール

抗酸化作用のある成分でまず挙がるのは、ポリフェノールですね。チョコレートやワイン、大豆や野菜など様々なものに含まれています。

 

カカオ入りのチョコレートや赤ワインがブームになったこともあり、知っている方が多いでしょう。

 

他にはブルーベリーに多いことで知られるアントシアニンや、緑茶に多いことで知られるカテキンなどもポリフェノールの一種ですね。一つの食品からというよりは、複数の食品からポリフェノールを摂るように意識するとより効果的です。

 

カロテノイド

抗酸化作用のある成分で次に挙げられるのは、カロテノイドです。カロテノイドも色素の一つですが、主に植物に含まれる暖色系の色が特徴とされています。

 

ポリフェノールは構造、カロテノイドは色素というイメージで、どちらも抗酸化作用が高いことで知られています。

 

トマトやにんじん、ほうれん草などの野菜や、エビやカニなどの甲殻類の赤もカロテノイドです。サケはもともと白身ですが、カロテノイドの一つであるアスタキサンチンによってサーモンピンクと呼ばれる色になっています。

 

ビタミン

抗酸化作用のある成分では、ビタミンも挙げられますね。特にビタミンCやビタミンEは抗酸化作用が高く、アンチエイジングに関してはよく取り上げられる成分の一つです。
ビタミンCはストレスによって消費されてしまうことでも知られていますが、もともと水溶性で長く身体に留まれないためこまめに摂取することが奨められています。

 

一方で、ビタミンEは脂溶性なので流れていってしまうということはなく、過剰に摂取した場合は骨粗鬆症のリスクが高くなると言われています。通常の食事で過剰になることはないとされていますが、サプリメントで摂る場合は注意しましょう。

 

疲労臭と肝臓の病気

 

疲労臭対策に効果的な成分を紹介してきましたが、疲労臭対策に加えて、肝臓の病気についても知っておきましょう。いくつかの対策を行えば基本的には軽減していくものですが、そうでない場合には病気が隠れていることもあります。

 

肝臓は沈黙の臓器と述べましたが、疲労臭がサインということもあり得るのです。サプリと合わせてできる対策や、肝臓の疾患について挙げていきます。

 

サプリや生活改善での疲労臭対策

サプリメントで栄養成分を摂ることに加えてできる対策としては、当たり前ですが疲れているので身体を休めることです。睡眠をしっかりとり、軽い運動を取り入れるなど心身をリフレッシュすることや生活習慣を整えるよう意識しましょう。

 

また、入浴も重要です。シャワーではなく湯船に浸かることで全身の血行を良くして身体を温め、アンモニアの排出を促しましょう。

 

長引く場合には疾患の可能性も

上で挙げた取り組みをすることで、疲労臭は軽減できるとされています。特に、ゆっくり湯船に浸かればその効果は高いようです。

 

しかし、これらのことをしても再び臭ったり、臭いが軽減しない場合には肝臓の病気も考慮した方が良いかもしれません。

 

脂肪肝になっている場合や、肝炎を起こしている場合には肝臓の機能は低下してしまいます。また、沈黙の臓器と述べたように肝硬変を起こしていても症状がわかりにくい場合もあるのです。疲労臭が長引いている場合には、一度受診しましょう。

 

まとめ

 

疲労臭がなぜ起こるのかなどの原因や、疲労臭対策に有効なサプリメントの成分などを紹介してきましたがいかがでしたか?

 

疲労臭対策に効果的なサプリを摂ることに加えて、生活習慣の改善なども行うことで臭いを抑えていきましょう。上述したように、効果がみられない場合には病気の可能性があるか、有効に疲労臭対策が行えていないかのどちらかです。

 

長引いている場合には、一度受診してはっきりさせましょう。